確定拠出年金は若いうちから加入し、リスクはある程度許容すべきだと思う

確定拠出年金の結果

米国株が5日連続で下落し、一気に成績が悪くなっています。でも、これは逆に多く口数を増やすチャンス!と考えてます!月に買う額は決められており、言うほど買えませんが。。。

マッチング拠出制度とは

いま月々17000円会社からの拠出で投資信託の買い付けを行っています。しかし、これは国の決めた上限一杯まで、買い付けていません。確定拠出年金を退職金制度の一環として組み入れているので、自分の会社は部長級くらいまで上がらないと、上限まで買い付けれません。もし、これを上限まで買い付けたい場合、マッチング拠出制度を利用します。つまり、会社の出してくれない残りを自分の給与から拠出する制度です。

マッチング拠出制度の利点

定年まで運用益に課税されないというお得な投資に自分のお金を一部出すことにより、さらに効果的に資金を運用できます。さらに拠出したお金は自分の所得から控除され所得税、住民税対策にもなるという、大変美味しいお話です(^o^)

マッチング拠出の注意点

上記の記事を読んだら、うわーこれはいいね!やらなきゃそんそん!と思われるかもしれませんが、自分的には下記の点でやるかやらないかを判断します。

  1. 確定拠出年金はNISAと違い60歳まで引き出せない
  2. 所得控除による将来の年金額が減る可能性がある
  3. マッチング拠出するお金の余裕があるか?

このため、自分はまだマッチング拠出制度を利用するのを決めかねてます。自分の会社はマッチング拠出するか、しないかを年一度決まったタイミングでしか変更出来ません。去年はとりあえずしなかったです。今年は悩み中。。。

若いうちはリスク許容を大きめに

先週若い社員の人と飲む機会がありました。確定拠出年金の話になりましたが、全額円預金だそうです。。。投資は怖いという感じで、そのままだそうです。20台後半なのであと30年は確定拠出年金が運用できます。外国株のインデックス投信のみにすれば、定年の時にウハウハになれるかもしれない話をしましたが、多分何もしないだろうな。。。日本人の投資を怖いと思う人は、ほとんど、何もしないことによるリスクを把握できていない人なのかなと思います。日本教育が基本的に貯蓄を善、不労所得を悪というような、間違った認識を植え込んでるのでいたしかたないことですが。。。歳をとってから、叫んでも、投資の最大の味方、時間はもう帰ってこないのです。。。なので、若い人は外国株のインデックス投信を毎月1万円でも積み立てることを強くお勧めします。

↓↓↓ランキング参加中!応援(クリック)願いします!↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

はじめるなら今!キャッシュバックキャンペーン実施中

アイネット証券[アイネットFX]
↓ポイントでお気軽投資!楽天証券↓
楽天証券

↓余ったTポイントで、お手軽株式投資!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■プロフィール 職業:会社員(営業) 年齢:38歳 趣味:投資、テニス、ゴルフ ■歴史 2001年:就職月10万円貯金開始。 2002年:フランチャイズ経営に興味を持つが、、、 2003年:特になし、、、 2004年:投資を開始。そして株で失敗。 2005年:FXに出会いハマる。しかし年末の近年まれに見る円高で大失敗。 2006年:唯一うまく行ってた投資信託を本格に開始。株、FX→投資信託へ移行(準備期間) 2007年:投資信託を本格的運用開始。 2008年:サブプライム問題に加え円高、全世界株安直撃!!! 2010年:結婚o(^▽^)o 2017年:投資再開