SBI証券で外国株口座を開設しました。

外国株口座開設

SBI証券で外国株口座を開設しました。証券会社では、国内株のイメージが強いかと思いますが、外国株も気軽に買える時代になっています。ただ為替の関係上、買付手数料が国内株より少し割高です。

買付手数料について

買付金額の0.45%です。あれ?意外に安くない?と思うかもしれませんがさらに条件が付きます。

最低5ドル、最高20ドル

つまり1万円買っても5ドルだし。10万円くらいまでは5ドルかかります。50万円くらいで、手数料の上限に達して、それ以降は20ドルとなります。つまり1億円買っても、50万円買っても、手数料は変わりません。まとまったお金のある方の投資方法ではないでしょうか?自分は50万円くらいを海外 ETFを買い付ける予定です。

 ETFとは?

ETFとは、『Exchange Traded Funds』の略で、「上場投資信託」というものです。いろんな指標、指数に連動しています。株であったり、債券であったり、金であったり。。。株でいうと日経255とか、TOPIXとか、NYダウ、NASDAQなどが有名ですね。その他さまざまな指数、指標に富んでます。個別銘柄を調べに調べ投資するのは、リスクが高く、ある意味センスがあるので、一気に何千社に分散投資出来るという代物です。

投資信託のインデックスファンドと何がちがうのか?

似た商品として、投資信託のインデックスファンドがあります。何がちがうのでしょう? ETFは買付価格が1日で変動します。これは個別銘柄と同じですね。インデックスファンドは1日に1回買付価格が決まりそれを購入します。買付までに時間がかかり、いわゆる成行注文になります。あとは運用コストが ETFが圧倒的に安いです。あと ETFは通常の株と同じで売りから入れますし、信用取引も可能です。そもそも、レバレッジが効いた商品もあります。まぁでも、一番の良いところは運用コストが安いですね!それが運用結果に出て来るので、いま1番自分の中でアツイ商品です(^^)あー何買おうかな???(^^)

 

↓↓↓ランキング参加中!応援(クリック)願いします!↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■プロフィール 職業:会社員(営業) 年齢:38歳 趣味:投資、テニス、ゴルフ ■歴史 2001年:就職月10万円貯金開始。 2002年:フランチャイズ経営に興味を持つが、、、 2003年:特になし、、、 2004年:投資を開始。そして株で失敗。 2005年:FXに出会いハマる。しかし年末の近年まれに見る円高で大失敗。 2006年:唯一うまく行ってた投資信託を本格に開始。株、FX→投資信託へ移行(準備期間) 2007年:投資信託を本格的運用開始。 2008年:サブプライム問題に加え円高、全世界株安直撃!!! 2010年:結婚o(^▽^)o 2017年:投資再開