海外ETF「VT」とは何者なのか?

海外ETF「VT」とは?

VTとは、バンガード・トータル・ワールド・ストックETFのことです。
世界中のさまざまな企業の株式に投資。投資先は47ヶ国で約8,000銘柄です。たった1口8000円で全世界の株を投資できちゃいます!すご。。。とおもいきや、いまや、投資信託を使えば100円から全世界に投資出来ちゃいますので、ETFの分散投資能力は、他に比べすごいかというとそうではなくなってしまいます( ´Д`)y━・~~

海外ETFの強みは経費

それは、経費が非常に安いことです。投資信託はかなり信託報酬が安くなったとはいえ0.15%程度です。しかし海外ETFのVTは0.03%しか、かかりません。長く運用するとこの差はかなり出てきます。

配当金がある

最近の人気投資信託。インデックス投資ファンドは配当金なしで複利運用を生かすのが絶対となっています。しかしそれは一長一短です。自分的には、配当金が完全に悪ではなく、利益の一部を確定させる。という役割を担っていると思います。配当金なしで、相場の上げ下げがあると、物凄い下げ相場で、保有し続けることは、難解です。配当金があれば、下落前に利益を切り離し、下げの時の、下げは全額投資したままより緩やかです。またげらくしまくったとき。なんちゃらしょっく?とかの時に配当金を、温めて投資できればかなりの、リターンが望めそうです^_^海外ETFは単価が高いので、積み立てずにまったり見守ろうと思います(^^)

↓↓↓ランキング参加中!応援(クリック)願いします!↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■プロフィール 職業:会社員(営業) 年齢:38歳 趣味:投資、テニス、ゴルフ ■歴史 2001年:就職月10万円貯金開始。 2002年:フランチャイズ経営に興味を持つが、、、 2003年:特になし、、、 2004年:投資を開始。そして株で失敗。 2005年:FXに出会いハマる。しかし年末の近年まれに見る円高で大失敗。 2006年:唯一うまく行ってた投資信託を本格に開始。株、FX→投資信託へ移行(準備期間) 2007年:投資信託を本格的運用開始。 2008年:サブプライム問題に加え円高、全世界株安直撃!!! 2010年:結婚o(^▽^)o 2017年:投資再開