会社で、やってる持ち株会制度。これってお得なのか???

持ち株会制度

私は会社で、親会社の持ち株会に入っています。毎月5000円(ボーナス時は10000円)を給与から天引きし、親会社の株を購入するというものです。通常株取引は100株買わないとダメなので、親会社の株を買おうと思うと結構な金額が必要になって来ます。しかし、そんなお金はありません\(^o^)/

持ち株会制度の良いところ

単元株単位で買わなくてよく、毎月定額の株数を買え、まさにドルコスト平均法が効いた買い付けが出来ます。まぁこの辺はいまや、投資信託のインデックスファンドを買った方が、リスクも減るし売買も楽ですね。。。( ´Д`)y━・~~

しかし!持ち株は、奨励金制度があり、購入金額の5%が奨励金として、株を付与されます。つまり!5000円で5250円分の株数を毎回買えちゃうのです!これはすごいわ。。。まぁこれが理由でいままで、親会社の株を買っていました。あと地味に給料から天引きにされるため、楽に買える。ですかね。。。

売却時に手間と時間がかかる

持ち株会で購入した株は、売るのにすごく手間と時間がかかります。売ろう!と思って!売るまでに2ヶ月程度かかります。なぜ、そんなに時間がかかるのかというと、持ち株で購入しているので、まずは自分の口座に株式を移管する手続きが必要です。オンラインでドカン!ではなく、書類で手続き。しかも申請タイミングは月1回。。。さらに移管する口座は証券会社が指定されています。。。んー使いにくい。

持ち株会は会社側にとっても株を買い続けて欲しい制度

株価の安定のために、持ち株はそれなりに必要な存在となります。なので、保有株を簡単に売られることは、会社側は求めていません。なので、こんなに売るのを大変にしているのかな?と疑うほどのものです。

結論

昔のように、証券会社の敷居が高ければ、多少は意味があるかなと。なので、持ち株はお得ではないと判断します。全時代的な発言となりますが、愛社精神があるならば、損得関係なく買っちゃいましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

↓↓↓ランキング参加中!応援(クリック)願いします!↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■プロフィール 職業:会社員(営業) 年齢:38歳 趣味:投資、テニス、ゴルフ ■歴史 2001年:就職月10万円貯金開始。 2002年:フランチャイズ経営に興味を持つが、、、 2003年:特になし、、、 2004年:投資を開始。そして株で失敗。 2005年:FXに出会いハマる。しかし年末の近年まれに見る円高で大失敗。 2006年:唯一うまく行ってた投資信託を本格に開始。株、FX→投資信託へ移行(準備期間) 2007年:投資信託を本格的運用開始。 2008年:サブプライム問題に加え円高、全世界株安直撃!!! 2010年:結婚o(^▽^)o 2017年:投資再開