ふるさと納税について、今年は挑戦したい

ふるさと納税

ふるさと納税とは応援したい自治体に寄附をすると、所得税や住民税から一定額を上限に還付・控除され、さらに寄附先の地域からお礼の品がもらえる新しい地域応援の仕組みだそうです。\(^o^)/すごい!

いままで聞いてはいたが、聞き流してた感満載でしたwよくよく色々調べると超お得な制度です。。。ぁぁ、、、いままで、なんでしなかったんだろう。。。。はぁ。。。

自分の場合の上限額

ふるさと納税は所得税、住民税から控除できるのですが、すべてが控除、還付されるわけではなく、一定の割合になります。控除、還付上限がどこまでか?年収とかを入れると簡単にわかりサイトはたくさんあります。自分の場合10万円ちょっとでした。さらにその寄付した金額の手数料てきなものとして2000円を納めます。つまり、10000円寄付したら、手数料2000円を除いて8000円が還付控除されるということですねぇ~。醍醐味は返礼\(^o^)/お米や、お肉、いろんなものがあります。

フォロワーさんから教えていただいたこと

返礼品は大体、寄付した金額の3割程度だそうです。そりゃそうですよね。10000円の寄付で10000円のものを返礼してたら、意味ないですもんね・・・。ということで手数料みたいな2000円を除くと寄付した三割返しだから8000円以上しないと手数料負けとなりますね。どうせなら上限いっぱい米とか肉とか生活必需品を頼みたいと思います。

手続きは楽天ふるさと納税で

またまた、楽天かよwwwと思わないでください。ふるさと納税は色々なサイトで手続きができますが、楽天ふるさと納税は、かなりお得なんです!

 

  1. 楽天市場と同じような感覚で、納税が行われる
  2. 納税の何パーセント(楽天のSPUにしたがって)の楽天ポイントが付く
  3. 楽天カードを使えばさらにポイントが付く

楽天恐るべし。。。これからも楽天ふるさと納税で、色々と、選びたいと思います(^^)

確定申告もしくはワンストップ特例を利用

寄付を決めたら、還付金や控除を受けるために確定申告か、返礼品と一緒に送られてくる書類に、ワンストップ特例を利用するとチェックを入れればok!だそうです!なんてカンチコチン!あ、寄付するのが5箇所以上になると、ワンストップ特例を利用出来ず確定申告となるそうです。自分は確定申告がデフォなので確定申告にしようかな。。。と思ってます(^^)

↓↓↓ランキング参加中!応援(クリック)願いします!↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■プロフィール 職業:会社員(営業) 年齢:38歳 趣味:投資、テニス、ゴルフ ■歴史 2001年:就職月10万円貯金開始。 2002年:フランチャイズ経営に興味を持つが、、、 2003年:特になし、、、 2004年:投資を開始。そして株で失敗。 2005年:FXに出会いハマる。しかし年末の近年まれに見る円高で大失敗。 2006年:唯一うまく行ってた投資信託を本格に開始。株、FX→投資信託へ移行(準備期間) 2007年:投資信託を本格的運用開始。 2008年:サブプライム問題に加え円高、全世界株安直撃!!! 2010年:結婚o(^▽^)o 2017年:投資再開