阪神淡路大震災。あの日を忘れない。

阪神淡路大震災

1995年1月17日。阪神淡路大震災。あの日を忘れない。当時は、自分は高校2年生。修学旅行のスキーで長野に行く前日の朝にその地震は起こりました。当時は伊丹市に住んでおり、震度6強を記録。しかし記録と記憶は違います。記憶は「死」。それを覚悟させるには充分な揺れ。あ、自分死んだな。これ。短い人生だったわ。。。と思わせる揺れでした。

おもちゃ箱をひっくり返した様な

よく言われる表現ですが、まさにおもちゃ箱をやらされ揺れがおさまった頃。家はおもちゃ箱をひっくり返した様な状態に。あらゆるものは、散乱し、皿は飛び出し割れ。電子レンジが、床に落ち、絨毯は焦げてました。あんなに重いブラウン管のテレビもぶっ飛んでました。自分は寝てて、そのままタンスが倒れてきたので、下敷きに。幸い大した怪我もなかったですが、その怪我を見て母が取り乱していたことをよく覚えています。。。

散策

父がタンスをのけてくれたので、なんとか起き上がり、姉と一緒に周囲を散策。近くのコンビニで食料を調達し、帰宅。マンションの外で、住民が集まってみんなで、ラジオを聴いてました。そうです。当たり前ですが停電です。当時は情報源はそうなると電池で動くラジオです。いまなんて、スマホで検索して。震源地どこ!被害の、大きさ。復旧状況がわかる。なんて心強い。。。

インフラの復旧

電気は1時間程度で復旧しました。しかしガスは1週間くらい復旧が、かかりその間お風呂に入らないと言う惨事に。。。でも、1番大切な水道の復旧が遅く1ヶ月くらいは元に戻らず父が、小学校まで重いタンクを持って水を貰いに行っていました。マンションの設備がためになったのかな?

修学旅行

修学旅行の前日に直撃したこの地震。その日学校に行きました。

先生、修学旅行あるの?って聞いたら

あるかぁーアホー。危ないから今日は帰れ!と言われ帰宅しました。

後日、正式に修学旅行は中止。市内の高校で修学旅行を中止したのは、自分の高校だけでした。他の高校は延期して、ちゃんと言っていました。話によると、この地震で自分の高校の校長先生がお亡くなりになり、それが原因だったとか。。。

命があることを感謝

修学旅行が中止になろうが、命があることに感謝です。もう2度とこんな地震起きて欲しくないですね。。。と思ってたら、結婚し大阪に住まいを移した2018年に大阪府北部地震が発生。またもや震度6強地帯。マンションは阪神淡路大震災を教訓に震度7の1.5倍でもたえられるそうで、阪神淡路大震災で困ったことは一切なかったです。さすが耐震構造。。。ということで今日も元気に出社です\(^o^)/

↓↓↓ランキング参加中!応援(クリック)願いします!↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■プロフィール 職業:会社員(営業) 年齢:38歳 趣味:投資、テニス、ゴルフ ■歴史 2001年:就職月10万円貯金開始。 2002年:フランチャイズ経営に興味を持つが、、、 2003年:特になし、、、 2004年:投資を開始。そして株で失敗。 2005年:FXに出会いハマる。しかし年末の近年まれに見る円高で大失敗。 2006年:唯一うまく行ってた投資信託を本格に開始。株、FX→投資信託へ移行(準備期間) 2007年:投資信託を本格的運用開始。 2008年:サブプライム問題に加え円高、全世界株安直撃!!! 2010年:結婚o(^▽^)o 2017年:投資再開